HOME > 包茎手術Q&A

包茎手術Q&A

  • 包茎手術に保険は適応されますか?

    仮性包茎の場合はすべてのクリニック,病院で保険の適応を受けることはできません。
    真性包茎の場合は病院の泌尿器科で手術する場合は保険が適応されます。しかし手術後の見た目にこだわった手術をしていない病院が多いようです。見た目も重視するのであれば、少し費用が掛っても包茎手術を専門で行っているクリニックをお勧めします。

  • 包茎手術の傷は残りますか?

    手術技術,器具,術式の進歩により傷は残らず自然に仕上がります。カウンセリングの際に写真で確認させて貰えます。

  • セックスやマスターベーションはいつから可能ですか?

    個人差があるようですが、3週間~4週間が一般的なクリニックの先生の意見です。ただ1週間とおっしゃってる方もいらっしゃるのでカウンセリングでよく相談してみて下さい。
    激しいスポーツも同様に3週間程必要なようです。手術後の仕上がりに影響するので無理をせず楽しんで下さい。

  • 包茎手術後に勃起しても問題ないですか?

    問題ないようです。勃起しても大丈夫なように縫合してくれますが、意図的に勃起させることは避けて下さい。

  • 包茎手術後に入院や通院は必要ですか?

    入院の必要はありませんが、手術2週間後に抜糸の為に通院する必要があります。しかし、抜糸に来れない人には溶ける糸を使用するのでクリニックに通院する必要は必須ではありません。

  • 包茎だと早漏になりますか?

    仮性包茎の場合は普段亀頭が包皮に守られている為に刺激に弱く敏感になっていて早漏の原因となっています。
    真性包茎やカントン包茎の場合はセックスの際も包皮でガードされている為に刺激を受けられず遅漏の原因になります。

  • セックスに支障はないのですが、包茎手術は必要ですか?

    早急に包茎手術を受ける必要はありませんが下記のようなリスクがあります。
    1.早漏や遅漏になる可能性が高い
    2.ばい菌が溜まりやすく性病に掛りやすい
    3.恥垢と言われる白いカスが溜まって不快な匂いを発してしまう
    4.子宮頸がん等の女性特有の病気の原因になる可能性がある
    5.亀頭の成長を阻害してしまう