HOME > サイト製作者自己紹介

サイト製作者自己紹介

横浜の写真

愛称:エイロード

出身:町田市

在住:横浜市

年齢:30代

職業:メカニックエンジニア

趣味:読書,HP制作,バドミントン

好きな芸能人:綾瀬はるか,篠田麻里子,嵐,ミスチル

リーマンショックを境にして会社が不況で残業がなくなったので、空いた時間でスキルアップも兼ねてWEBサイト制作をしています。

自身の美容整形手術体験談

このサイトが自身5作目になります。包茎手術や男性器のパワーアップ治療のサイトを制作することに至ったのは、自身が4年程前に美容整形手術を受けたことがあり、悩みは早く解決した方が良いと思ったからです。自分の手術体験談を紹介しますね。

私は会社を退社したことをきっかけに鼻の整形手術をしました。元々、鼻が少し上がっていて豚っ鼻だったので、いつも写真を見てはガッカリして写真を見ることが嫌になっていました。

そこで、美容外科クリニックにカウンセリングに行き、信頼できそうな正直でしっかりした先生だと確信を持てたので手術を受けることを即決しました。

内容は耳の軟骨を取り出して鼻の先端に移植する、鼻の真ん中の軟骨を糸で縛り上げて細くする手術でした。

手術中は部分麻酔を掛けられて、1時間ぐらい耳をグリグリ、鼻をグリグリされました。

麻酔注射は痛かったですけど、その他は感覚がなかったので大したことなかったと記憶しています。1時間じっとして、顔の骨がグリグリされるのは気持ち悪かったですけどね。

ただ、鼻にギブスを付けられて、一週間ぐらいは『触ってはいけない』『濡らしてはいけない』『汗をかいてはいけない』状態だったので、真夏ということもあり、ずっと家に籠っていました。もしギブスが取れてしまったら、鼻が固定されず形が崩れてしまうと言われていたので不安でいっぱいでした。手術後の方が辛かったです。一人暮らしでしたから気楽でしたが、外は暑くて外出できないし鼻には大きなギブスがあるしで、必要最低限なことは深夜のコンビニで済ましました。

1週間が経ってギブスを取りに美容外科クリニックに行って、問題なく鼻が固定されていて問題なかったので、次はテープで固定する程度になりました。これも一週間。

とにかくダウンタイム(手術後の後遺症みたいなもの)が長かったのが一番問題でした。友達に会えないし、外出すらできない状態は本当にしんどかったです。

包茎手術の場合は、セックスは3週間ぐらい我慢ですが、日常生活には支障がないみたいですね。顔と同じぐらい大事な部分なので不安は大きいと思いますが、私は悩むことが凄く嫌だったので人生変えるつもりで思い切って飛び込んでみました。カウンセリングで先生が信用できなかったら『止めれば良いんだ』って思ってました。

ですから、とりあえず悩まずカウンセリングは無料なので受けて欲しいです。それで費用や先生が信用できなかったら止めれば良いと思います。

きっと手術が終わったら、人生が変わり堂々と自慢したくなるぐらいになると思いますよ。私がそうでしたから。

このサイトが治療を受けるきっかけになれましたら幸いです。

TOPへ